08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ゆずクリ屋

Author:ゆずクリ屋
ゆずクリ屋ブログへようこそ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず豆乳ゼリー

2012.04.22 17:25|ゆずレシピ
 小さい頃アトピーで、乳製品が今でも口に合わないらしいうちの娘。

そんな娘が子どもの頃勝手に作って、我が家で人気となったゆず豆乳ジュース。


今日はそれをゼリーにしてみました。


なんだかシャキットしない雨の今日、娘も「こってりさっぱりで美味しい~」となかなか好評でした♪


材料:ゼラチン、水 ゆず酢(ゆず果汁)、黒糖(砂糖類)、豆乳(牛乳でも可)


作り方

1、ゼリーの箱に書いている容量で、ゼラチンを水に振り入れ、20~30秒にかけて、ゼラチンを溶かす。

2、豆乳にゆず酢を入れて、飲むヨーグルトのようにとろみがでたら、砂糖などの甘味を足して、火にかける。

沸騰させず!温まったくらいのところに、1を入れて混ぜる。

3、容器にうつし、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やし固める。


あめごの南蛮漬け

2012.03.17 09:21|ゆずレシピ


3月1日にあめご漁の解禁になり、

先日今年のあめごいただいたので、南蛮漬けにしていただきました。


 ここに住むまでは、南蛮漬けは、アジと米酢が定番でしたが、ここに住むようになってあめごとゆず酢(ゆず果汁)が定番になってます。

先日、あめごとゆず酢の南蛮漬けを食べていたら、青魚より白身の魚が好きなひーたんは「うちはアジよりあめごのほうが好き!」と言っていました。

お酢をゆず酢に変えてつくると、南蛮漬けも寿司も酢の物も、みりんやお砂糖などの甘味が少なくても美味しいように感じます。

先日の南蛮漬けも、みりんも砂糖もなしで、ゆず酢と料理酒で味付けしました。


最近、あめごを、焼いたものと揚げたものを半々くらいで作って、同じたれに漬け込みます。

どっちも美味しいです♪


揚げたものは、揚げただけで骨もやわらかくなってすぐ骨も頭も丸ごとたべやすいです。

もともとあめごはアジより骨がやわらかく食べやすいのですが、揚げた物より、焼いた物は若干食べにくいです。

でも先日焼いた物を一晩置いて食べたら、ゆず酢の酸の効果?で缶詰に入っている骨のようにやわらかく食べやすく、美味しくいただくことができました。


内蔵や頭がもともと好きな私。

ゆず酢入りの南蛮漬けのたれに一晩漬けておいた、あめごの頭が最高においしかったです♪




ゆずクッキー ゆずのこと

2012.03.02 13:50|ゆずレシピ
 だいぶ以前から作りたかった「ゆずクッキー」

なかなかつくれず・・・。

お菓子作りが好きな人に頼んでやっと食べることができました♪


ゆず皮とゆず果汁が入ってゆずの香りと酸味のあるクッキー。

好みはわかれましたが、

私や食べた人の半数にはとても好評でした。


余談ですが、ゆずクッキーをつくってくれたMさんは、ゆず農家さんでもあって、丁度今寒い中剪定に励んでいるそうです。
剪定後は、剪定したゆずの枝の切り口から木が痛まないように、切り口に蜂の巣から採れる蜜蝋を塗る作業をするそうです。

Mさんちのゆず畑は見晴らしの良い斜面にあって、さぞ気持ちいいだろうなあ~。そしてまたこの寒い時期のあの斜面での作業、大変だろうなあ~と想像しています。

こちらに住むようになって、私たちの食を支えてくれている生産者たちが、わたしたちの口に入るまでどんなことをしてくださっているかということを見る機会が増えました。

ありがたいなあ~の実感が増えました。

ゆずポン酢

2012.03.02 13:45|ゆずレシピ
 今日はぽんずが切れたので、つくってみた。

材料
ゆず果汁 150cc
米酢 50cc
みりん 200cc
醤油 200cc

昆布 10センチくらいのを3枚ほど
かつお節 しっかりひとつかみくらい


ゆず果汁以外の液体材料に昆布を入れ、少しおく。

強火にかけ沸騰したらかつおぶしを入れる。

再度沸騰したら、ゆず果汁を入れる。

再度沸騰したら、火を消して、放置。


この後涼しいので、一晩ほど置いておいて出汁を出そうとおもってます。

その後、かつおと昆布を除いて、冷蔵庫へ~の予定。

ちなみに、できたてのポン酢より、1~2週間、さらに1ヶ月と経つうちに、どんどん美味しくなっていった前回つくったポン酢。

我が家では、最初まずまずやなあ~と言う感想で、どんどんこれイケル~♪になっていきました。



ちなみに。

ゆず果汁。

ここら辺では、収穫時期に木製の手絞り器で、各家庭で1年間に使う分のゆず果汁を何升も絞って、保存してます。

酢の物やお寿司なども、一般的なお酢の変りにゆず果汁が使われます。


この辺りの、ゆずの香り豊かなお寿司、美味しい♪私も娘もかなりはまってます。


そして、この辺りでは、ゆず果汁のことを、ゆず酢とか酢とか呼びます。

なのでゆず酢といっても発酵させてるものでなく、ここら辺ではゆず酢=フレッシュな生のゆず果汁のことです。

町などで販売されている、ゆず果汁は加熱されているのがほとんどらしく、食べ比べるとやっぱり生果汁が美味しいなあ~とおもいます。

一般的にお酢と呼ばれている米酢や穀物酢は、真酢(ます)と呼ばれています。


こちらに移り住んだ頃、このあたりの人と話していてゆず酢って???「酢」????「真酢」って???えっとどれだったっけ???なんて風に、頭がこんがらがったりもしました。笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。