08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ゆずクリ屋

Author:ゆずクリ屋
ゆずクリ屋ブログへようこそ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅作り♪

2012.10.24 16:24|お山の美味しいもの
 ♪~♪~

餅づくり完了~♪


 ここら辺では、各家で1升分のお餅をつくり、それを集めて、秋祭り当日に「持ち投げ」します。

そんな習慣の残っているこの地域で暮らすようになるまで、お餅なんてほとんど作ったことがありませんでした。

餅つきと言っても、餅つき機を借りてきてするのですが、それでも一仕事。

そしてすることは、ちぎって丸めるなんですが、これが思いのほか難しいのです。




つきたてのお餅はなんせ熱く、くっつく。

片栗粉をまぶし、親指と人差し指でつくった輪を通して、丸い形に押し出してちぎる。

ここで、綺麗な形に、大きさを均等に。

その後、丸める。


表面がツルリと美しい見た目。

裏もつるり。

中に粉を巻き込んで粉っぽくなってない。


そんな美味しそうで、美味しいお餅に仕上げるには、あつあつの内に、手早くが勝負。



なかなか奥が深いなあーと毎年おもいます。



今年は、11歳の娘と二人で。

自分ちで食べる物でもないし、時間勝負だし、やけどしそうなほど熱いし、どうせ作るなら少しでも美味しそうに美味しく作りたいので、こっちもめちゃくちゃ必死。

言葉も荒っぽくなって(笑)





どうにか今年も、できました♪

5~6年で、5~6回。

それなりに、上達してきたのも嬉しいです。


始めの頃は、とにかく見た目や味なんて、2の次で、餅投げ用づくりのついでに、自宅用を一緒に楽しく作る~から始まって。

それに飽きたり、興味失って、娘は、食べるだけの時もあって。

私の必死さで、お互い不機嫌になることもあって。

去年辺りから、娘もおねーちゃんになってきて、餅投げ用の餅作りの戦力に、なって。


今年は二人で力を合わせて、私は少々緊迫ムードで、娘は私の荒っぽい指示に、ムッとすることなく焦ることもなく、マイペースで鼻歌など歌いながら、それでも手早く丁寧に、喧嘩したり険悪なムードになったりせず、完成しました。


うれしいです♪


少しづつ、この辺の、ばーちゃんたちのようなお餅が作れるように、なっていきたいものです。



 余談ですが(笑)

今日は朝のうち、着物の整理をしていて、ホコリアレルギーの症状で、くしゃみ鼻水がひどく、マスクして餅作りに望んだのですが!

必死でお餅作り=心身が戦闘態勢=交感神経が緊張、そんな風になっていたのでしょうか?

面白いことに、餅作りの間だけは、アレルギー症状が、ピタリと止まっていました!!!





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。