10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ゆずクリ屋

Author:ゆずクリ屋
ゆずクリ屋ブログへようこそ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い紐

2012.07.11 15:37|ゆずのこと、自然のこと
 昨日は、赤しそを仕入れてきました。

一緒に作ることになった友達と、散歩がてら川や花を見ながら30分ばかり歩いて、シソを分けてもらいにいきました。


収穫したシソは、谷から引いている沢の水をお借りして、ざふざぶ洗いました。


いつものように、ままごとのような量ですが、よく働いた~気分になるり、心地いい疲労感と空腹感。


さあ家に帰って昼ご飯~!とおもったら、歩いてきたことを思い出し、一瞬ちょっとだけ、ゲッっておもいましたが(笑)、また気を取り直してテクテク歩きました。


シソは大きめの袋に入れ、追い紐で背中に背負って帰りました。


追い紐とは、昔からある荷物を運ぶ道具です。


この辺りでは、まだこの紐が現役で活躍している場面に出くわします。


畑の肥料にするために刈り集めた草の大きな束を、かちかち山のたぬきさんのように背負って運んでいる姿がかっこいいです。

それに憧れて、藁細工の教室で教わりながら、マイ追い紐を作ったのは、数年前。


最近、その存在さえも忘れていたくらい使ってなかったのですが、昨日ふと思い出し探し出し、使ってみました。



シソの収穫も沢で洗ったことも歩いた時間もたのしかったですし、追い紐を使って物を運んだこともなんだか大人の真似をしている子どものように嬉しい気持ちになりました。

自分と同じぐらいのかさのある草の束を背負っている、かっこいいこの辺りのばーちゃんたちのような気分。

私の背中には、それくらいならわざわざ追い紐使わなくても手で持って運べるだろ!くらいの少量のシソでしたが、なにか?笑



まあ、そんな風な時間を過ごした、梅雨の中休みの昨日でした。

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。