10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ゆずクリ屋

Author:ゆずクリ屋
ゆずクリ屋ブログへようこそ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春散歩 ゆずの枝の剪定のこと

2012.03.02 13:16|ゆずのこと、自然のこと
 曇り空の朝でしたが、少し穏やかな気温で、寒くて最近行ってなかった民家のない山沿いの道を散歩してみました。

ここら辺でみんなの注目を集めている、たんぽぽを少し大きくしたくらいの黄色い福寿草の花。

紙幣などの紙の原料となる。昔はこのあたりの現金収入源になっていて沢山栽培されていたらしいミツマタという木の白いボンボリのようなおとなしい感じの花。

ちらちら開いた梅の花?じゃないか、モモの花かな?


数日前の残雪がところどころ、まだ冬であるかんじがしたり。

花、花のつぼみがもう春だよといっていたり。


そんな散歩道でした。



散歩の目的地は、私のお気に入りの癒しスポットの、神秘的なムードを漂わせている、沢の淵。

あ~気持ち良かった。



 木頭ゆずクリームジャムの原料でもある、ゆず。

ゆずは丁度今剪定する時期らしく、枝がカットされている畑も多かったです。



豆知識?


<ゆずの木の枝の剪定について>

ひとつの実に沢山栄養が集中して、大きくなりやすい。

木や実の健康のために、日当たり風通しをよくする。

車のタイヤをパンクさせることもあるほどするどいトゲのある枝を間引くことで、収穫しやすくする。

収穫の時ゆずを傷つけることも減り、ゆずの実が痛みにくくなり、長持ちする。


私はゆずは栽培していないのですが、ゆずを作っている人からこんな風にきいています。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。