02 | 2012/03 | 04
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ゆずクリ屋

Author:ゆずクリ屋
ゆずクリ屋ブログへようこそ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました♪

2012.03.31 10:11|未分類
 先日大阪滞在中に、香川県の方からお電話いただきました。

「今近くにきてるんだけど、木頭ゆずクリームジャム買えますか?」と!♪


日和佐の道の駅で、以前買って下さった方だったようで、

「その後、日和佐ではであえないから、ここに来たら買えるかな~?とおもって」と♪


私は、不在でしたけど、丁度タイミングよく、商品もあって、さらにたまたまよそであづかってもらっていたので、買っていただくことができました。
よかった~♪


ありがとうございました♪


こちらに用事でもあったのかな~?にしても、わざわざ足を運んでくださって、ありがたいなあ~うれしいなあ~。とおもいました。

次回はお会いできるとうれしいなあ~とおもいます♪



 



 ここは地の利便性としては不便なところかもしれません、が♪この場所、この地ならではの、豊かな魅力があるところです♪

今の時期は日に日に、春の花が増えていっています♪

木頭ゆずクリームジャム、買いたい方も、そうでもない方も、笑 気が向けば遊びに来て景色などこの地の魅力を堪能しにきてくださね♪

そして気が向けば、気軽にご連絡くださって、お茶でも一緒に飲んでいってください♪
スポンサーサイト

木頭ゆずクリームジャム大 6個あります。

 木頭ゆずクリームジャム。


大 100グラム入り 1000円

賞味期限 2012年4月11日まで


現在6個あります。


4月2日まで、お電話で注文を受け付けています。



090-8828-0138 えんなしょうこ

徳島マルシェ

2012.03.31 09:18|出店のお知らせ
 先日の徳島マルシェ。

3月の終わりだというのに、風が強く寒い日だったようですね。

ありがとうございました♪


4月29日の徳島マルシェは私も参加させていただく予定です。



春ですね♪

2012.03.29 18:47|ゆずのこと、自然のこと
 1週間弱、以前住んでいた大阪に行っていました。

春休みあたりは特に、たかが1週間ですがとっても景色が変ります。

今回も、個人的に大好きな、木蓮の花のつぼみがぐぐっと大きくなっていたり、草花が春の変化をみせてくれました。

花に影響うけて、8時間の移動の疲れもつかの間忘れ私の気持ちも顔も、自然にほころびました♪


うちの庭で逞しく自生してくれている草花も♪
食べずに置いておいたフキノトウは花になり、土の中冬を越したニラやゴボウも、近頃新芽を出しています。

今年のゴボウは葉がところどころ黄色い。
確か葉が黄色くなるのはあまりよろしくないときいたので、
今年は冬中せっせと精米した後の米ヌカを、振りまいていたのだけど、多すぎたかな?灰でも撒いたら喜ぶのかなあ~?

ニラは数年かけて、やっとこさ群生してきてうれしいです。

ユスラウメの木も新芽もかわいいです。
まだ一度も実をつけたことがないですが、今年はどうかなあ~?



みなさんの周りの春はどんな風ですか~?

徳島マルシェお知らせ。

2012.03.22 15:40|出店のお知らせ
徳島マルシェお知らせ。

 木頭ゆずクリームジャムできました~♪





今月の徳島マルシェ。

3月25日(日)

木頭ゆずクリームジャム販売させていただきます。

大 限定23個(いつもより少なめです。)

今回は私自身はいけませんので、いつものゆずクリームジャムの看板はないですが、いつも通り「あれやこれや・きとう」のブースで販売させていただきます。試食はご用意できません。

いつもと勝手が違います。すみません。

畑ごっこ

2012.03.21 17:49|ゆずのこと、自然のこと
 先日友達と2人で畑の草引きしました。

ひろーくて手付かずの畑に

ゆずシソジュースのシソを植えようか~♪

みんなで畑クラブとかできるといいよね~♪

野菜もいっぱい作りたい~♪


色々な楽しい妄想を膨らませつつ、自然なゆとりのある笑顔でできることしようね。

何もできなくてもいい♪

とにかく今やりたくて、今こころよく、気持ち良く、できることしよう~♪


畑ごっこ!畑ごっこやでぇ~♪と、草引きをしました。


野草茶やお茶をつくりたい友達は、ゲンノショウコウにであい、うわぁ~みてみて~♪畑の端っこに植えとこう~♪とか、お茶の木の双葉をみつけ、みてみて~お茶の木の赤ちゃんがいっぱいいる~♪と、感性をあげつづけていて、私も今目の前の幸せなことに沢山気づかせてもらいました。



木頭ゆずクリームジャム購入方法

現在、木頭ゆずクリームジャムを購入できる方法は以下の通りです。




☆徳島マルシェ
毎月の最終日曜日、徳島駅近くのボードウォークで開催されている徳島マルシェという市に「あれやこれや・きとう」という店名で出店しています。
徳島マルシェ http://tokushima-marche.jp/home/index.php/marche_about/

※まれに、都合がつかなくお休みすることもまれにあります。
確認はお電話ください。

☆徳島 日和佐の道の駅
一番多く出店している場所です。土日祝日中心です。
出店場所は道の駅の足湯の辺りです。
出店できるのは、不定期で不規則です。
このブログてお知らせしますので見てください。または電話でお問い合わせください。

その他、
☆電話で注文いただいて送らせていただく。

☆商品があるかないか電話確認と予約して、我が家に買いにきていただく。


そんな方法で販売させていただいています。


少量生産のため、商品がない日もありますので、すみませんが、ご注文いただいても、お待ちいただくこともあります。

出店日も売り切れ次第で、早めに閉店になることもありますのでご了承くださいませ。

もう少し詳しく知りたい方、ご注文、出店確認などなど、お気軽にお電話ください。
電話番号 090-8828-0138 えんなまで

あめごの南蛮漬け

2012.03.17 09:21|ゆずレシピ


3月1日にあめご漁の解禁になり、

先日今年のあめごいただいたので、南蛮漬けにしていただきました。


 ここに住むまでは、南蛮漬けは、アジと米酢が定番でしたが、ここに住むようになってあめごとゆず酢(ゆず果汁)が定番になってます。

先日、あめごとゆず酢の南蛮漬けを食べていたら、青魚より白身の魚が好きなひーたんは「うちはアジよりあめごのほうが好き!」と言っていました。

お酢をゆず酢に変えてつくると、南蛮漬けも寿司も酢の物も、みりんやお砂糖などの甘味が少なくても美味しいように感じます。

先日の南蛮漬けも、みりんも砂糖もなしで、ゆず酢と料理酒で味付けしました。


最近、あめごを、焼いたものと揚げたものを半々くらいで作って、同じたれに漬け込みます。

どっちも美味しいです♪


揚げたものは、揚げただけで骨もやわらかくなってすぐ骨も頭も丸ごとたべやすいです。

もともとあめごはアジより骨がやわらかく食べやすいのですが、揚げた物より、焼いた物は若干食べにくいです。

でも先日焼いた物を一晩置いて食べたら、ゆず酢の酸の効果?で缶詰に入っている骨のようにやわらかく食べやすく、美味しくいただくことができました。


内蔵や頭がもともと好きな私。

ゆず酢入りの南蛮漬けのたれに一晩漬けておいた、あめごの頭が最高においしかったです♪




木頭ゆずクリームジャム 

  「木頭ゆずクリームジャム」 

卵とバターのリッチなお味に、身体がキュッとなるほどの木頭ゆずの酸味、口に広がるゆずの香りがプラスされた 今までにない新種のジャム!!
自家用に作って、あんまりの美味しさに感動~!!!!!!

ゆずの新しい美味しさをみなさんに知ってほしくて、製品化してしまいました。

こんなに美味しいんだから、きっと数年後には、徳島の特産品になること間違いなし!!!!!
と勝手におもってま~す。笑
(楽天主義で妄想ぐせありです。親ばかのようなものなので、暴言お許しくださいませ)

パンにスコーンに~♪
ケーキのトッピングに、


出来るだけ身体にいいものを~
地域のものを~国産のものを~

もちろん美味しいものを!!


ゆず:寒暖のさが激しいため、酸味が強く香り高い木頭ゆず100パーセント。
   香りは一つづつ丁寧に、摩り下ろしたゆずの皮を
   酸味も手しぼりのゆず果汁をたっぷり贅沢に~

   我が家から徒歩5分の無投薬ゆずを生産されている文兄の農園から分けて
   いただきました。

卵:徳島県産 田村のEMたまご。
  無投薬飼料・炭、木酢液使用の卵です。
  

砂糖:鹿児島県産。ミネラルを残した身体に優しい砂糖、粗糖100パーセント。
   少々、製品の色に透明感がなくなりますが、見た目より健康!!
   ミネラルは砂糖の燃焼を助ける大切な栄養素です。

バター:私事ですが・・・。バター大好き~!!♪
    「よつばのバター」を使ってます。


 ※フレッシュなものなので賞味期限は3週間です。

ご注文または・お問い合わせなどは、電話にて受け付けております。

 小 80g入り 850円   大 100g入り 1000円  



090-8828-0138
エンナまで。 


ゆず畑見学

2012.03.07 16:16|ゆずのこと、自然のこと
 先日道端でゆず農家さんのMさんにばったり会いました。

どうやら畑に向かっていたようなので、自分の用事を済ませた後、Mさんのらしき車を目指してゆず畑の間に民家が点在している山の斜面の集落に登っていってみました。

息を切らしながら(苦笑)Mさん~Mさ~ん。と大声で呼んでみたら♪

は~い♪と


Mさんは、剪定作業を終え、剪定後の木の切り目のケアの蜜蝋を塗る作業も終え、その日はゆずの木に生えたコケを金属のブラシでこそげ落とす作業をしていました。


木に生えたコケは個人的にはとても綺麗なあ~♪とおもうのですが、コケが木の栄養分を吸って、木が傷むらしいです。



その後、幾日もかけて剪定された枝の大きな山を何個もみました。



ゆず畑の脇の清水が沸く場所に、移植して自生させているらしい、セリとクレソンも、みせてもらいました。



この辺りは平地が少なく、ゆず畑も山の斜面に段々畑になっているところが多いです。


Mさんちのゆず畑も、結構急な斜面の上のほうにもあって、とても見晴らしがよく気持ちが良かったです。


が、Mさん探しに言っただけで息切れした私。

ただみるだけと違って、ここで作業するのは大変だなあ~と実感しました。


ゆずクッキー ゆずのこと

2012.03.02 13:50|ゆずレシピ
 だいぶ以前から作りたかった「ゆずクッキー」

なかなかつくれず・・・。

お菓子作りが好きな人に頼んでやっと食べることができました♪


ゆず皮とゆず果汁が入ってゆずの香りと酸味のあるクッキー。

好みはわかれましたが、

私や食べた人の半数にはとても好評でした。


余談ですが、ゆずクッキーをつくってくれたMさんは、ゆず農家さんでもあって、丁度今寒い中剪定に励んでいるそうです。
剪定後は、剪定したゆずの枝の切り口から木が痛まないように、切り口に蜂の巣から採れる蜜蝋を塗る作業をするそうです。

Mさんちのゆず畑は見晴らしの良い斜面にあって、さぞ気持ちいいだろうなあ~。そしてまたこの寒い時期のあの斜面での作業、大変だろうなあ~と想像しています。

こちらに住むようになって、私たちの食を支えてくれている生産者たちが、わたしたちの口に入るまでどんなことをしてくださっているかということを見る機会が増えました。

ありがたいなあ~の実感が増えました。

ゆずポン酢

2012.03.02 13:45|ゆずレシピ
 今日はぽんずが切れたので、つくってみた。

材料
ゆず果汁 150cc
米酢 50cc
みりん 200cc
醤油 200cc

昆布 10センチくらいのを3枚ほど
かつお節 しっかりひとつかみくらい


ゆず果汁以外の液体材料に昆布を入れ、少しおく。

強火にかけ沸騰したらかつおぶしを入れる。

再度沸騰したら、ゆず果汁を入れる。

再度沸騰したら、火を消して、放置。


この後涼しいので、一晩ほど置いておいて出汁を出そうとおもってます。

その後、かつおと昆布を除いて、冷蔵庫へ~の予定。

ちなみに、できたてのポン酢より、1~2週間、さらに1ヶ月と経つうちに、どんどん美味しくなっていった前回つくったポン酢。

我が家では、最初まずまずやなあ~と言う感想で、どんどんこれイケル~♪になっていきました。



ちなみに。

ゆず果汁。

ここら辺では、収穫時期に木製の手絞り器で、各家庭で1年間に使う分のゆず果汁を何升も絞って、保存してます。

酢の物やお寿司なども、一般的なお酢の変りにゆず果汁が使われます。


この辺りの、ゆずの香り豊かなお寿司、美味しい♪私も娘もかなりはまってます。


そして、この辺りでは、ゆず果汁のことを、ゆず酢とか酢とか呼びます。

なのでゆず酢といっても発酵させてるものでなく、ここら辺ではゆず酢=フレッシュな生のゆず果汁のことです。

町などで販売されている、ゆず果汁は加熱されているのがほとんどらしく、食べ比べるとやっぱり生果汁が美味しいなあ~とおもいます。

一般的にお酢と呼ばれている米酢や穀物酢は、真酢(ます)と呼ばれています。


こちらに移り住んだ頃、このあたりの人と話していてゆず酢って???「酢」????「真酢」って???えっとどれだったっけ???なんて風に、頭がこんがらがったりもしました。笑


春散歩 ゆずの枝の剪定のこと

2012.03.02 13:16|ゆずのこと、自然のこと
 曇り空の朝でしたが、少し穏やかな気温で、寒くて最近行ってなかった民家のない山沿いの道を散歩してみました。

ここら辺でみんなの注目を集めている、たんぽぽを少し大きくしたくらいの黄色い福寿草の花。

紙幣などの紙の原料となる。昔はこのあたりの現金収入源になっていて沢山栽培されていたらしいミツマタという木の白いボンボリのようなおとなしい感じの花。

ちらちら開いた梅の花?じゃないか、モモの花かな?


数日前の残雪がところどころ、まだ冬であるかんじがしたり。

花、花のつぼみがもう春だよといっていたり。


そんな散歩道でした。



散歩の目的地は、私のお気に入りの癒しスポットの、神秘的なムードを漂わせている、沢の淵。

あ~気持ち良かった。



 木頭ゆずクリームジャムの原料でもある、ゆず。

ゆずは丁度今剪定する時期らしく、枝がカットされている畑も多かったです。



豆知識?


<ゆずの木の枝の剪定について>

ひとつの実に沢山栄養が集中して、大きくなりやすい。

木や実の健康のために、日当たり風通しをよくする。

車のタイヤをパンクさせることもあるほどするどいトゲのある枝を間引くことで、収穫しやすくする。

収穫の時ゆずを傷つけることも減り、ゆずの実が痛みにくくなり、長持ちする。


私はゆずは栽培していないのですが、ゆずを作っている人からこんな風にきいています。

始めちゃいました。

2012.03.01 13:03|はじめに
 「木頭ゆずクリームジャム」のことはじめ、、出店情報、その他の、地域のものを使ったあれこれのものづくり。
自然の様子、暮らしことなどを書いて行こうとおもいます。

DSCN0002.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。